最近は糖尿病になる愛犬が増えていると言います。私達人間にとっても糖尿病は注意しなければいけない病気ですが、その原理は愛犬にとっても全く同じ。毎日のドッグフードはどのようなものを選べば良いのでしょうか。

 

糖尿病とは

 

犬の糖尿病も人間の糖尿病もその原理は同じです。ホルモンの一種であるインスリンが正常に機能しない、または少なくなってしまい、血液中の血糖値が上昇してしまう病気です。通常、糖質は細胞内に吸収されるはずですが、糖尿病になるとそのまま腎臓を通過し、尿に混じって排出されます。

 

この状態になると腎臓が機能しなくなり、ケトン体が大量に分泌。悪化すると白内障は失明、壊疽などを起こす危険性もある病気です。喉が渇いて水を大量に飲む、頻尿、体重が増減するなどの症状が現れます。

 

犬の糖尿病の原因とは

 

ダックス

糖尿病の原因は、まず遺伝によるものがひとつ。糖尿病になりやすい犬種があり、ダックス、シュナウザープードル、プードルなどが挙げられます。そして生まれつき糖尿病になりやすい先天性のもの。それ以外にも、毎日の食事の内容が偏っている、多く食べ過ぎでいる、早食い、年齢を重ねたため、運動不足、肥満、性別など、さまざまな原因があると言われています。

 

どんなドッグフードを選べば良いのか

 

糖尿病かもしれないとの疑いを持ったら、まずはすぐに病院へ。素人判断は糖尿病を悪化させる危険性もあります。医師のアドバイスと適度な運動などを組み合わせながらの治療になります。ドッグフード選びで気を付けることは、水分を多く含んだウェットタイプのドッグフードは、品質を保持するための添加物が多く含まれています。嗜好性アップのため、味付けも濃い場合が多いため、糖尿病になりやすいタイプの犬種には避けた方が無難。

 

また、穀物などの炭水化物が多いドッグフードも、糖質を多く生産してしまうため、あまりおすすめ出来ません。良質な肉や魚の動物性脂質を多く含んだドライフードや低糖質の療養食ドッグフードなどがおすすめです。魚ベースのドッグフードは皮膚病の改善にも有効です。