人間と同じように愛犬にも体臭がありますが、犬種によって気になる場合とあまり気にならない場合とさまざまです。体臭が気になる原因、そしてそのような場合はどのようなドッグフードを選ぶことで改善が見込めるのでしょうか。

 

愛犬の気になる体臭とは

 

犬にも体臭があり、いわゆる犬臭さを感じることは多々あると思います。犬種によっても体臭レベルは違うようで、プードル、チワワ、パピヨン、シュナウザー、コリー、グレーハウンドなどはあまり匂わず、ヨークシャーテリアやシーズー、パグ、ビーグル、ブルドッグなどは匂いを感じると言われています。ですが個体によってさまざまですので、一概には言えません。原因もそれぞれ違うため、体臭の種類も変わってきます。

 

体臭の原因は?

 

アレルギー

 

体臭の原因はさまざまです。元々体臭の強い犬種であること以外に、皮脂腺からの分泌物が多い、匂いの元となる雑菌が多く繁殖している、腸内環境が悪く便臭がする、便臭がまわりの毛に付いてしまう、耳からの匂い、肛門腺からの分泌物による匂いなどが挙げられます。口臭とは発生メカニズムが異なっています。

 

こまめにシャンプーをしてあげる、日光浴をして雑菌の繁殖を抑える、こまめに体をふいてあげる、体の中からバランスを整えてあげるなどの飼い主のサポートが必要です。

 

どんなドッグフードを選べば良いのか

 

体臭の原因の中に、腸内のバランスの乱れが挙げられます。善玉菌の減少、犬が消化するのに不得意な炭水化物の摂取、植物性タンパク質の摂りすぎなどの原因があります。また合成料や添加物などが多く含まれる食事にも問題があるようです。そのため完全無添加のドッグフードや手作りドッグフード、消化の良い動物性タンパク質を多く含むドッグフードを選んであげてください。