本来、犬の口臭トラブルは人間と比べ、ずっと少ないはずのもの。口臭が気になるということは、何らかの疾患を抱えている可能性があります。愛犬の様子をしっかりと見守り、その原因はなにか、そしてどのようなドッグフードを与えれば良いのかを考えましょう。

 

犬の口臭とは

 

犬の口臭が気にある場合、そのほとんどが口腔疾患か胃腸トラブルであることが多いと言われています。症状としては、なにかが腐ったような腐敗臭に近い匂いがします。また、症状が進むと歯茎が赤く腫れたり、ピンク色から真っ赤に変色したりします。歯がグラグラしてくるなどの症状が出てくると、内臓疾患へと発展、悪化の可能性もありますので注意しなければいけません。

 

口臭の原因はなにか

 

愛犬の口臭の原因は、主に歯周病や歯肉炎、歯石の場合が多いと言われています。歯周ポケットに食べカスなどが除去されないまま蓄積されてしまうことから起こります。歯周ポケットは多くの細菌が溜まりやすい場所のため、こまめなケアが必要です。ケア不足の犬はもちろん、歯周病になりやすい犬種、老犬、なんらかの理由で免役力が低下している場合も起こりやすいと言われています。

 

どんなドッグフードを選べば良いのか

 

ガム

まずは質の良い無添加ドッグフードを選びましょう。添加物の少ないドッグフードはアレルギーの改善にも有効です。また愛犬にとって消化しやすい動物性タンパク質たっぷりのものを。そうすることで、体内からの口臭は少なくなります。また、ウェットフードよりも、ドライフードの方が歯石が付きにくいとも言われていますので、試してみるのもひとつの手です。

 

また口臭予防を目的としたドッグフードも販売されています。一度チェックしてみましょう。口臭は歯磨きなどの歯石除去がとても大切です。ドッグフードのチェンジと共に毎日のオーラルケアも忘れずに。