アレルギーを持つ愛犬が多くなっています。アレルギー要因はさまざまなですが、食物によるものがやはり多いようです。皮膚にアレルギー症状が出たり、ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こすことも。アレルギーを持つ愛犬に与えるドッグフードには特に気を使ってあげましょう。

 

アレルギーの症状とは

 

アレルギーの症状はさまざまです。腸炎、毛が抜ける、フケが出る、下痢をする、嘔吐する、鼻炎、結膜炎、外耳炎などが挙げられますが、一番多い症状としては皮膚炎です。いつもかゆがっていたり、目のまわりや口、耳のまわり、背中、足の裏やつま先などに炎症を起こし赤くなったり、発疹が出るなどの症状が現れます。

 

アレルギーの原因は?

 

アレルギーの原因もその症状と同じくさまざま。遺伝によるもの、ノミやダニによるもの、ストレスによるものなどがありますが、アレルギー原因として最も多く挙げられるのが食物です。アレルギーは免疫機能がうまく稼働せず、過敏に反応しまうことで起こります。そのため、どんなものに過敏に反応しているのかを見極めることが必要になってきます。

 

どんなドッグフードを選べば良いのか

 

まずは動物病院へ行き、どのようなアレルギー要因を持っているのかを検査する必要があります。アレルギーを起こすものを、身の回りから排除することが大切です。食物アレルギーを持っている場合、アレルギーを起こす食物を除去する除去食を与えることになります。

 

アレルギーを起こすことの多いタンパク質の分子を小さくし、アレルギー物質として認識されないようにしたドッグフードもあります。肉にアレルギー反応を起こす愛犬には、ベジタリアン用のドッグフードなどその種類も豊富。愛犬に合ったドッグフードをしっかりと見極めましょう。